• HOME>
  • FEATURE>
  • APRONS for ARTISANS
    PHOTO EXHIBITION by masa(PHOEBE)

780-300

2017.05.11

APRONS for ARTISANS
PHOTO EXHIBITION by masa(PHOEBE)

Johnbullがものづくりに携わる職人へのリスペクトを込めて、アルチザンの必須アイテムであるエプロンをプロダクト化。【 makerhood apron(メーカーフッドエプロン)】というシリーズで、2015年春夏より専業のマイスターとコラボレートしながら毎シーズンリリースしています。そんな【 makerhood apron(メーカーフッドエプロン)】をフィーチャーしたフォトエキシビジョンを、Johnbull Private labo各店舗で開催いたします。ポートランドに身を置く職人3組を写真家masa(PHOEBE)が撮り下ろしたフォトストーリーには、それぞれ独自のスタンスでものづくりをおこなうクラフトマン達のリアルな日常が切り取られています。フォトエキシビジョン開催に先がけて、同じくポートランド在住の双子の少年を加えた計4本のフォトストーリーを公開いたします。

 


 

 

Portland, Oregon is a city where apron and coffee match well. Here is photo story of craftsmen live and work there.

Craftsman start a day by drinking coffee, then they wear apron. Apron is an armor and an essential tool box for them. “I can’t work without it.” It’s OK to get dirty. Rather, craftsman’s apron should be dirty. It’s not easy to find your favorite apron. Craftsman takes care of details of apron such as shoulder strap height, position and depth of pocket, and right material. Also you have to take tools out from your apron smoothly as if it is a part of your body. However, if you find your favorite apron once, it will be your reliable and robust buddy. You can build a long term relationship with it.

「これがないと、ダメなんだ。」

クラフトマンの朝は、コーヒーを飲んで、エプロンを着けるところから始まる。それは、彼らにとっての鎧であり、工具箱でもある。なくてはならない一つのツール。汚れても良いもの。むしろ汚れるもの。肩ひもの高さ、ポケットの位置、深さ、素材のこなれ感。手にしたいツールを体の一部のように取り出せる心地よさ。お気に入りの一枚を見つけるのは容易じゃない。しかし、一度出会って長い付き合いになる相棒は、気が利くし頑丈だ。

アメリカポートランドは、エプロンとコーヒーがよく似合う街だ。ファッションにはうとい人も、ツールには手厳しい。そんな、ポートランドに身を置く職人3組のフォトストーリー。

 

 


 

 

01'

Mica DeMarquez(Mimi Ceramics)

Mica DeMarquez of Mimi Ceramics lives and works in Portland, Oregon. She finds inspiration in making practical and functional objects, while focusing on color and pattern on simple shapes. Each piece is hand thrown on the wheel, kiln fired to bisque, hand glazed/decorated, and high fired up to completion.

オレゴン州ポートランドに暮らす Mimi Ceramicsのミカ・デマルケス。彼女がつくるマグカップやお皿は実用的かつ機能的で、シンプルな形のうえに特徴的な色や模様が描かれている。いずれの器もろくろでの形づくりから素焼き、上塗り、絵付け、本焼きとミカ自身がすべて手作業で生み出している。

 

PHOTO STORY 01  “ A ceramicist ”

 

 


 

 

02'

MAAK LAB

Maak Lab is a scent development company based in Portland Oregon, run by perfumers Anoria Gilbert & Taylor Ahlmark. Using plant-based ingredients and inspiration from the surrounding city and streets, we focus on unusual scents with curious stories and origins.

Maak Lab はオレゴン州ポートランドを拠点とするソープやキャンドル、香水などのブランド。パフューマーのアノリア・ギルバートとテイラー・アールマークは周辺の街やストリートから得たインスピレーションを素に、植物由来の成分を使って香りを生み出す。彼らは興味深いストーリーや成り立ちを持つ、他にはない香りをつくることにフォーカスしている。

 

PHOTO STORY 02  “ An experimental soap maker ”

 

 


 

 

03'

Leland Duck(Revive Upholstery & Design)

Leland Duck founded Revive Upholstery & Design in 2011. Hailing from an automotive background, Leland’s love of reviving vintage cars from the inside out led him to learn the fine art of upholstery. Combining this skill with his love of vintage furniture, Revive Upholstery was born.

ヴィンテージカーの修理の仕事をする中で家具の修理に興味を持ち、その技巧を学んだリランド・ダック。2011年にオレゴン州ポートランドで家具の補修およびリデザインを手掛けるRevive Upholstery & Designをスタートさせた。彼はそのスキルとヴィンテージへの愛情で、家具を新たな一点ものとしてよみがえらせている。

 

PHOTO STORY 03  “ A furniture upholstery ”

 

 


 

 

04'

We don’t really wear apron, but we do.

“I hardly wear apron though, I like it. I don’t know when to wear it, but it’s nice to have one.“ It seems that adding apron to their wardrobe is fresh idea for 17-year-old twins. They may find their style of dressing apron soon.

「エプロン?着ないな。でも好きなんだ。いつ着るかわからないけど、ありだよ。1つ持っててもいいね。」その言葉にどうやら嘘はなさそうだ。エプロンを身にまとった、17歳の彼らの目は真っ直ぐだった。

 

PHOTO STORY 04  “ We don’t wear apron, but we do. ”

 

 


 

 

profile_500

masa(PHOEBE)

Started working freelance photographer from 2014. Then moved to Portland U.S. Moved back Tokyo June 2016.
2014年より、フリーランスフォトグラファーとして独立、活動の拠点をアメリカ、ポートランドに移す。2016年6月に帰国後、東京を拠点に活動開始。
http://www.masahiroshimazaki.com/

 

 


 

 

title_780

APRONS for ARTISANS produced by Johnbull
PHOTO EXHIBITION 開催日程

フォトエキシビジョン開催中は、撮影に使用されたエプロンがJohnbull Private laboの店頭にせいぞろいします。近年ライフスタイルグッズとしてのみならずファッションアイテムとしても注目を集めるエプロン。実際に着用して作業することを想定した機能性はもちろん、素材やデザインなどルックスにもこだわりを詰め込みました。クッキング、DIY、アウトドアなど、生活の様々なシーンで気軽に取り入れてみて下さい。

 

【 2017年5月13日(土)~ 5月28日(日)】

Johnbull Private labo class.
武蔵野市吉祥寺本町2-12-2
042-221-2025
11:30~20:00

Johnbull Private labo 大阪店
大阪市中央区南船場4-13-21
06-6253-8522
11:30~20:00

Johnbull Private labo 岡山店
岡山市北区問屋町25-101
086-805-1225
11:30~20:00

 

【 2017年6月3日(土)~ 6月18日(日)】

Johnbull Private labo 新潟店
新潟市中央区八千代2-1-2 万代シティビルボードプレイス3F
025-240-4615
11:00~20:00(平日)
10:00~20:00(土・日・祝)

 

 

JA010_780_b

APRON for NEEDLE WORKERS
lot no. JA010

 

J011_780_b

APRON for BOOTBLACK
lot no. JA011

 

JA012_780

APRON for BAKER
lot no. JA012

 

JA016_780_b

APRON for CHEF
lot no. JA016

 

JA017_780_c

APRON for SHOE POLISHING CRAFTSMAN
lot no. JA017

 

JA018_b

APRON for NURSERY
lot no. JA018

 

JA019_780_b

APRON for PATISSIER
lot no. JA019

 

JA020_780_c

APRON for GARDENER
lot no. JA020

 

 

 

  • all

RELATED BLOG

RELATED MEDIA

GLOW2月号_表紙_500

2014.12.26

GLOW 2月号「GLOW NEW ARRIVAL」

P.200 【 APRON / LOT NO. …

  • MORE
Tarzan表紙_500

2014.12.18

Tarzan No.663「Tarzan Trend Tra.......

P.9 【 APRON / LOT NO. JA…

  • MORE

RELATED MEDIA

Meets351_johnbull_poster_A1_780

2017.08.09

Johnbull × Meets Regional…

  関西の街で遊…

  • labo
  • MORE
P40

2017.08.08

お詫びと訂正のお知らせJohnbull 2017 …

Johnbull 2017 FALL&a…

  • MORE
休業日

2017.08.01

8月店舗休業日と営業時間変更のお知らせ

店舗休業日のご案内です。 ■Joh…

  • MORE
休業日

2017.06.30

7月店舗休業日のお知らせ

2017年7月店舗休業日のご案内です。 …

  • MORE
single-featureテスト用