ジョンブル公式オンラインストア[全品送料無料]

カートボタン カートボタン

Johnbull-online store-

  • privatelabo
  • モノトヒト
  • attick by johnbull
  • makerhood
  • dressages

BLOG

BLOG

17S/S NEW IMPORT ITEM NOW IN STORES!!!

皆様こんにちは!Johnbull Private labo 岡山店です。
2月ももうすぐ終わり。いよいよです、春です。
待ちかねていた、春物が続々と入荷しています!

何をご紹介しようか、非常に悩む所ではありますが・・・。
本日はインポートブランドの中から、スタッフも楽しみで堪らなかったブランドをご紹介致します。

メンズ・レディース両方ございますので、少しボリュームがありますが、
ぜひ、最後までお付き合い下さいませ!

まずはメンズから、昨シーズンに引き続き展開致します【Hannibal】のご紹介です!

【Hannibal(ハンニバル)】
2008年にドイツのミュンヘンで設立。
「19世紀初期」にインスピレーションを受け、時代を超えてなお愛され続けるものづくりを行う。
おとぎ話や古い映画からインスピレーションを受け、徹底した品質管理と、made in GERMANYのこだわりの元、
hannibalのフィルターを通してファッションへと姿を変える。

昨年、16A/Wより展開し、大変好評でしたHannibal。
17S/Sも、昨年に負けない大変素晴らしいラインナップとなっております。

まずご紹介するのはこちら!

_DSC0605

_DSC0620

_DSC0610

ジャケット【Hannibal】jacket_thor ¥85,000(+tax)
ベスト【Hannibal】vest_gelf ¥38,000(+tax)
シャツ【Hannibal】shirt_joshua ¥25,000(+tax)
ボトムス【Johnbull】11815 ¥22,000(+tax)
シューズ【OFFICINE CREATIVE】COLUMBIA002 ¥63,000(+tax)

スタンドカラーのシャツ・ベスト・ジャケット。
これぞHannibal、といったクラシカルな佇まいのスタイルです。

秋冬にも、ウールベースでジャケットとベストをリリースしていましたが、こちらはその春夏モデル。
しなやかでありながらコシのある生地は68%リネン、26%シルク、6%コットンという絶妙な配合。
かなりクラシックなスタイリングですが、清涼感のある素材のおかげか重さを感じさせず、
これから夏にかけてはピッタリな着こなしです。

ジャケットとベストはお色違いでブラックもございます。

続いてはこちら

_DSC0650

_DSC0641

コート【Hannibal】 parka_ruki ¥96,000(+tax)
シャツ【Hannibal】shirt_junpei ¥36,000(+tax)
ボトムス【Johnbull】21087 ¥18,000(+tax)
シューズ【JEAN PAUL KNOTT】LTS_CL1 ¥49,000(+tax)

コットン100%の非常にハリのある生地を使用したフードコート。
少し大きめのフードから首元のかけてのライン、ややゆったりとしたアーム周り、裾部分のほんの少しだけ描かれたカーブ。
どこを切り取っても絵になるコートです。

フードコートでありながら洗練された雰囲気は、革靴にハットのスタイルにも抜群ですが、
スタイリングのように少しスポーツテイストで合わせてあげても大人な印象になります。

_DSC0660

_DSC0655

中に着たシャツも、同じくコットン100%ですが、触ったことが無いレベルの薄さと柔らかさ。
かなり甘織りの生地のため、通気性も高く、真夏でもスタメンとして活躍してくれそうです。

_DSC0669

【Hannibal】Jacket_tian ¥83,000(+tax)

_DSC0670

【Hannibal】Jacket_eiko ¥64,000(+tax)

_DSC0665

_DSC0664

肉厚なリネン素材をベースにインディゴ染めを施す事で見た事もないような風合いに。
リネンというと夏素材のイメージが強いですが、こちらは少し厚手で、今の時期からでも着て頂ける生地感です。
じっくりと、時間をかけて培われる魅力は唯一の存在感を放ちます。

続いてはレディースから、新しく取扱いとなるブランドのご紹介です。

【INDRESS(インドレス)】
オランダ生まれのデザイナー、Wies Schulteはアントワープ王立アカデミー卒業後、
2年間カステルバジャック、4年間KENZOでキャリアを重ねた後、2001年にフランスにてINDRESSを立ち上げた実力派。
考え抜かれたデザインと独特な色合いが特徴のブランドです。
どこにも見つけられなかった、欲しかった服を作るというシンプルなコンセプトのもと、
女性の持つ繊細さと力強さを絶妙にブレンドさせたアイテムを作ります。

こちらのブランドの象徴とも言えるのが花をモチーフにしたコサージュ。
シルク・ビーズなどの厳選した素材を用いたコサージュは、パリのアトリエで1点1点職人の手により制作されています。
今回、laboではフェザーのコサージュをセレクトしました。

_DSC0678

_DSC0674

【INDRESS】F308 ¥15,000(+tax)

春夏のシーズンには、白いTシャツやユーズド感のあるデニムとあわせてみたり、
ドレスに合わせて華やかさをプラスしたりと様々な場面で活躍してくれます。
カジュアルでも、ドレスでも、トレンドに左右されず使用できるアイテムです。

_DSC0602

_DSC0600

_DSC0601

トップス【INDRESS】T171 ¥33,000(+tax)
ボトムス【Attick by Johnbull】V1043 ¥19,000(+tax)
シューズ【OFFICINE CREATIVE】LEXIKON505 ¥59,000(+tax)

繊細で落ち感のあるシルク素材のブラウスにあわせてみました。
柔らかく適度なボリュームの出るフェザーコサージュはシンプルなスタイリングのアクセントとして華やかさをプラスしてくれます。

_DSC0624

コート【INDRESS】V143 ¥54,000(+tax)
ワンピース【INDRESS】R263 ¥63,000(+tax)

続いて、先ほどのブラウスと同素材のワンピースをつかったスタイリングがこちら。
上品さを感じさせるきれいめワンピースを男前なステンカラーコートと合わせて
女性らしさの中にかっこよさを感じさせるスタイルに仕上げました。
こちらのコートはイギリスの老舗ファブリックメーカー
【British Millerain/ブリティッシュ・ミラレーン社】の生地を採用しています。
撥水加工を施されたオイルドコットンは独特な光沢とハリのある質感が特徴で、
軽量で着やすくデイリーに着こなして頂ける1枚となっています。

いかがでしたでしょうか?
今回ご紹介しきれてないアイテムも多数ございますので、
是非お気に入りの一着を見つけにいらしてください。

 



Johnbull Private labo 岡山店
岡山県岡山市北区問屋町25-101 MAP
086-805-1225
[online store] http://www.privatelabo.jp
[zozotown] http://zozo.jp/shop/johnbullprivatelabo/
[公式facebookページ] http://www.facebook.com/JohnbullPrivatelabo
[instagram] https://instagram.com/johnbull_private_labo/

RECOMMEND NEWS

その他おすすめのニュース